少しの時間で簡単に!車の買取ネット

個人間で車を売る時の契約書と郵送日の明記

車売却での重要ポイントの1つは、車検証のコピーです。
買取手続きが行われた場合には、もちろん名義の変更が行われます。その際に車検証の名前なども変わってくるので、車の買い手は売り手に対してコピーを郵送するケースが一般的です。コピーが郵送されれば、もちろん車の売り手としては安心できるでしょう。名義変更が完了した事を、目で見て確認できるからです。

 

コピーの郵送日を明確にする

 

ところで車の売り手としては、そのコピーをいち早く確認したいと思っている場合があります。

 

 

何せ名義変更は非常に大事なポイントです。
それがきちんと完了しているかどうかは、やはり車の売り手としては気になるのが自然だと思いますね。

 

であれば、やはり車の買い手としては何月何日まで郵送を完了するかを売り手に伝える必要があると思います。そうでないと買い手に対して、売り手からクレームが発生する可能性もあるでしょう。

 

契約書に郵送日と罰金を明記する

 

このため車の個人間売買では、やはり書面で「何月何日に郵送するのか」を明記しておく必要があると思います。その日付が明確になっていれば、お互いのトラブルを防止できるからです。
何と言っても「書面」でそれを明示しておくのがポイントですね。口頭でのやり取りですと言った言わないの問題が発生する可能性が大ですので、やはり書面で確認できるのが一番です。

 

またその契約書には、「万が一郵送できなかった時の罰金」を明示しておけば万全だと思います。「もしも指定日までに郵送できなかったら、買い手は売り手に対して罰金を支払わなければならない」と契約書に記載をしておくのも良いですね。個人間売買では、書面でそこまで明示しておくのが大事だと思います。

 

なお書き方に関しては、特に決まったフォーマットはありません。
書き方よりも、「必ず書面で証拠を残しておく」という考え方が大事だと思います。

車買取のセオリーの1つに、走行距離があります。売却者の多くは、10万キロという数字を意識している傾向があるようです。その距離を超えると、金額が大幅に下がるというイメージをお持ちの方が多いからです。そして、それは売却している台数と走行距離との数字データによって証明できます。

 

走行距離と買い取られた件数に関する具体的な数字データ

 

次のようなデータがあります。150台前後と170台後と180台半ばです。この3つの数字は何を示しているかというと、去年1年間の車の買取台数に関する数字データです。150という数字は、走行距離が25,000キロ以下の車に対するものです。そして170は26,000から5万キロの車に対するものであって、180は51,000キロから75,000キロの車の買取台数です。
そして、76,000キロ以上になると台数は激減します。110台前後という状況なのです。
という事は、多くの方々は75,000キロ以内の車を売却している傾向がある訳ですね。76,000キロを超えると、ちょっと車の買取金額が厳しくなるという認識をお持ちの方が多いのでしょう。実際確かに、そこを超えると買い取り額は厳しくなりがちです。
セルシオ 査定

 

10万キロ以上は買取件数が大きく減っている

 

そして10万キロ以上となると、更に買取件数が激減する傾向があります。70台半ば、26台半ば、20台という数字データがありますが、上記同様に10万キロ以上の走行距離の車を、25,000キロ刻みで見てみたものですね。ですので10万キロ以上ともなると、やはり人々は車を売却するのを控える傾向があるようです。
実際確かに10万キロを超えると、買取額は厳しくなる傾向があります。10万キロ以内ならば10数万円で売却できても、それを超えると10万円未満になってしまう事が多いですね。それが人々の買取件数に関するデータで、見事に反映されていると言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/01/22 17:48:22 買取関係

買取店で車を売る時には、確認をしておくべき点が幾つかあります。料金ですね。
買取店での売却の際には、出張が活用される事がしばしばあります。なかなかお店まで行く時間が取れないので、出張をして欲しいと考えている方は多いと思いますね。また遠方に住んでいる方であれば、やはり出張の方が都合が良いものです。
しかし出張の場合は、やはり料金などは確認をしておく方が無難です。中には出張料金を徴収する業者もあるので、ちょっと注意した方が良いですね。

 

出張料金は無料の大田区の買い取り業者

 

ところで大田区にはウイナーグループという業者がありますが、そこでも出張による査定を行ってくれます。よく雑誌で名前を見かける業者なのですが、無料という点がアピールされていますね。
そしてこの業者の場合は、そのアピール通りです。時には遠方に出張する事もありますが、料金が徴収される事はありません。

 

本当に出張料金が発生したかった事例

 

しかしそうは言っても、それでも不安な方もいらっしゃるそうです。公式サイトで出張料金が無料とアピールされていても、後になってその金額を請求してくる業者も中にはあるようですね。
ステップワゴン 買い取り

 

現にある方も、そのような不安をお持ちだったようです。その方は不安に思いながらもウイナーグループに出張をお願いしました。すると、本当にアピール通りだったようです。その方の居住地は東京の大田区からはかなり離れているのですが、本当に出張料金は発生しなかったようですね。
またウイナーグループから提示された金額も、非常に満足できるものだったそうです。地元の業者でも車を見てもらっていましたが、そこよりも高い金額が提示されたので少々驚いたそうです。しかもその金額は、査定日当日に支払ってくれたようですね。
そのような口コミも見られますので、ウイナーグループの場合は出張料金は特に問題ないでしょう。

続きを読む≫ 2015/01/22 16:44:22 買取関係